2009年03月20日

正しいバッティング法3

バッティングフォームは、人それぞれ必ず悪い癖などがありますよね!
実際に見てみないと分かりませんが、普段の練習の中で
友達同士で「脇が開いてる!」・「ヘッドが下がってる!」
とか言い合って、自分の悪い癖などは分かっていると思いますが、
それは素振りで直ります。

まず、毎日続けないと意味がありません。
何回振っても何処に意識して振っているかによっても
ぜんぜん違いが出てきます。
プラス、そうしていかないと毎日振っているうちにフォーム
が固まってくるため、単に何も考えずに振っているとそのフォームで
固まってしまいますよ!
あと、ヘッドスピードが見違えるように速くなります。

そして・・・・
続きはこちら・・・>>



参考サイト
もと近鉄の村上隆行が指導するバッティングDVD
小学生に教えるバッティングフォーム
あなたのバッティング指導法は正しいですか?
posted by 正しいバッティングフォームの覚え方 at 10:37| バッティングフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しいバッティングフォーム2

正しいバッティングフォーム1のチェックについて

(1)アゴが上がると、ボールを最後まで見れないうえに、バットとボールの距離が離れがちになります。打球を見たい気持ちは抑えて、まずヒットだろうが空振りだろうが、ボールを最後まで見るように、「顔を残して」下さい。

(2)・(3)イチローや高橋吉伸のように、前足を上げすぎていませんか?素人は上げなくてもいいです。「加重が後ろ脚に殆ど残っている」の原因にもなります。つま先は地につけたまま、かかとが少し上がる程度でいいですよ。(基本が出来れば後は上げてもいいですが)

続きはこちら>>



参考サイト
バッティングフォームの指導の仕方
野球経験の無いお父さんが打撃コーチになる方法
新星関西独立リーグ大阪ゴールドビリケーンズ
posted by 正しいバッティングフォームの覚え方 at 10:29| バッティングフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しいバッティングフォームの覚え方1

あなたのバッティングフォームチェック

(1)アゴが上がっている
(2)ステップの足(前足=左足)を上げすぎ(左打者の場合は右足)
(3)腰が高い(ヒザが硬い)
(4)脇が閉まっていない
(5)右腕で振ろうとしている(左打者の場合は左腕で)
(6)全体的に、力が入り過ぎ

一つでもチェックに当てはまったなら元近鉄のプロ野球選手が
教えるこのDVDをチェックしてみてください。

正しいバッティングフォームを見てみる>>



その他参考サイト
野球のヘッドスピードを上げる方法とは・・・
ヘッドスピードはこうやって上げて飛距離が伸びるのです
背が小さくても4番バッターになれる基本とは
posted by 正しいバッティングフォームの覚え方 at 10:27| バッティングフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。